元風俗嬢に聞いた、風俗で働いていて怖かった体験ベスト2

風俗嬢のための昼職転職サイト・昼ジョブ.com

昼ジョブ.comは元風俗嬢に理解がある、積極採用している企業のみを紹介♡
事務系昼職・営業系昼職・美容系昼職・システムエンジニア系昼職など選び放題です!

昼職を知り尽くした昼ジョブエージェントが履歴書作成や面接練習も全力サポート。
ぜひ登録して簡単に風俗嬢から昼職転職しちゃいましょう♡

キャバからの昼職転職なら昼ジョブ

こんにちは!今回も風俗であったお話をご紹介していこうと思います!
今回は、風俗嬢Yさんに聞いた、風俗で働いていて怖いと思った体験ベスト2です!

第2位・退勤後に客に着けられたこと

お店で新規のお客さん接客して、時間で終わって帰ったんですよ。
今日これでラストなんだよね〜」とはお話してました。
それが迂闊だったのかな?

でも見た感じは優しそうな人だったし、そんな危なそうな人には見えなかったんですよ。
プレイも本当に普通。乱暴な態度でもありませんでした。
だけど今思うと、すごいプライベートを詮索して来ました。

お決まりの「彼氏いるの?」「どこに住んでるの?」から始まって、
「ご両親どっちもいる?」「どのくらいこの仕事してる?」
「お金何に使ってる?」「この仕事する前は?」「なんでこの仕事始めた?」
「夜何時に寝て朝何時に起きてる?」「出身地は?」「SNSやってる?」・・・
もちろんこっちも嘘を交えながら、さも本当のことのように話します。
それが仕事ですからね。もう年々もこの仕事してるので、
もはやテンプレみたいなものもできてるし。

だけどその客は、なんでもかんでも突っ込んで来る。
「それ本当?○○だったらこうだよね?」
少しでも矛盾があれば突っ込まれるし、
その日も5本目のお客様だったってこともあってすごく疲れてたんですよ。

だからちょっと本当のことも言っちゃった。
それがたまたま”乗り換え駅”だったんですよね。

「どこに住んでるの?」「〇〇て駅です(嘘)」
「じゃあ乗り換えはどこなの?」「え、と、○○かな・・・(本当)」

それで普通にアウトコール来て、バイバーイってお店に帰ったんです。
そのあと私もすぐ退勤。
その乗り換え駅を使ったんです。

そしたら、いましたね。待ってました。
お疲れ様」って声かけて来て、私が無視してダッシュしたんです。
ちょうどラッシュ時で混雑した駅構内に響き渡るくらいの大声で、
おい!!!売女のくせによ!!さっきまで俺の○○○うまそうに舐めてたくせに!!
無視してんじゃねーぞ!おい!殺すぞ!待てやコラ!!!

ダッシュしてる私とそいつに視線が集まって本当に恥ずかしかったし、
さっきまで優しそうな口調だった客がこんなに豹変していて。
走っていてもサーっと血の気が引いて頭はクラクラ、足がガタガタして、今にも転びそうでした。

デリヘル(店名)の○○チャーン!逃げてんじゃねーぞゴミ風俗嬢〜!!!

その頃アキバの通り魔事件の直後だったので、包丁とか持ってたらどうしよう。
本当に捕まったら殺されるって。

客は駅員に取り押さえられたようでしたが、もう怖くて振り返れず、
駅のトイレで1時間くらい震えていましたね。足がすくんじゃって。
文章にしたらそこまで怖くないかもしれませんが、当時の私は本当に怖くて、
仕事は行き帰りタクシー移動を徹底していました。

第1位・インコール後、クローゼットから複数人男が出て来たこと

その日も写真指名か何かでホテルに行きました。
出て来たのは輩系のお兄さん。
なんだか張り付いた様な笑顔が印象的でした。
なんだか妙に愛想がいいというか、こちらの機嫌をとっているというか。
まあこういう人なのかな?と特に気にせずシャワーへ。
シャワーを浴びてる間、なんだかずっとそわそわ。
流石の私も、なんか変だな、何か隠してる?と警戒してたんです。

その予感は当たりました。
シャワーから上がったタイミングで、クローゼットが空いて
中から2、3人の男が出て来て。
一人目が見えた瞬間、「あ、やばい」と感じて
瞬間的に体がホテルのドアに向いていたんでんですが、
察知した客に腹部を思いっきり殴られて反対側に吹っ飛びました。

息ができなくて、「あ、もう終わった」って覚悟決めましたね。
ここからはあんまり記憶がないんだけど、もみくちゃになって何回か
吹っ飛ばされながらも、どうにか抵抗してドアから出たっぽい。
多分蹴られたり殴られたり掴まれたりしたとおもうんだけど、
あの一瞬は痛さとかは感じなかったですね。
体感時間は10分くらいに感じてたけど、もしかしたら1、2分のことだったかも。

無我夢中でドアを開けてホテル廊下に飛び出したところに、たまたま他のカップルがいて、
裸の私を女の人がすぐ上着をかけてくれて、男の人がすぐエレベーターのボタンを押してくれて。

そこで男たちも観念したのか、そのまま部屋から出てこなかったです。
そのあと、私はお店とその男たちの間でどんなやりとりがあったのかわからない。
でも慰謝料、って言って社長が40万円くれました。

全身痣まみれで、助骨はヒビが。腕には男が掴んだ手形がはっきり残っていて、
綺麗に消えるまでフラッシュバックが辛かったです。

まあ、いまだにその時のことは夢にみたりするんですけど。(笑)

この事件がきっかけで、私は3年続けた風俗嬢をやめましたね。
死んだって思いましたもん。
今考えると、風俗ってマジで命がけですよね。

風俗危なすぎ・・・!

Yさん、お話をお聞かせくださって、本当にありがとうございました!
こんな危険な目に遭われて、おやめになって本当によかった・・・
現在Yさんは起業をして、バリバリ昼職でご活躍されているそうです!

みなさんこんなに大変な体験をしていらっしゃったとは・・・!
実は危険なお仕事だということ、改めて認識しておいてくださいね!

他にも、こんな記事を見つけましたのでご覧ください☆
【風俗嬢が実際に体験した怖すぎる3つの事件】

実際に何か被害にあわれる前に、昼職への就職を考えてみてください!
何かあってからでは確実に遅いですよ〜〜( i _ i )

風俗辞めたい!昼職就職したいな〜…と思ったら、
ぜひこちらからどうぞ♡

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です