元キャバ嬢が知ってる「キャバ嬢がホスト狂いの風俗嬢に落ちたブラックな話」

こんにちは!

私がキャバクラで働いていた時に何人も風俗嬢に落ちていった子を見てきました。

以前に書いたキャバ嬢から風俗嬢に落ちたブラックな話はこちらです!

元キャバ嬢が知っている「キャバ嬢が風俗嬢に落ちたブラックな話」

今回はキャバクラからホスト狂いになり風俗嬢に落ちた話をしていきますね^^

 

 

キャバ嬢から風俗嬢へ

 

私と同じキャバクラで働いていた子の話なんです。

普通のキャバ嬢でその子はキャバクラ1本で仕事をしていたんです。

だからレギューラーで毎日のように出勤していたし

若いからお客様にチヤホヤされて

普通に稼いでいたんですよね。

学校も辞めて特にやりたい事もなく、

稼いでるから生活も余裕があったんです。

でも何が欲しい、したい!といったら

キャバクラで溜まったストレスの解消だったり

癒しや、楽しい刺激だったんですよ。

その子が試しにノリでホストに行ったんです。

 

普段はおじさんを相手にしているけど、

若い男性に楽しく飲ませてもらって、チヤホヤされて。

お金も時間も余裕があるから

そしたらまんまとハマってしまいました。

 

ホストは営業時間が1部2部で別れていて

2部は朝の5:00〜お昼12:00の営業なんです。

だからキャバクラ終わったら深夜3:00くらいから

お気に入りのホストに会って5:00になれば

同伴してお店にいくって事ができるんですよ。

 

だから頻繁に仕事終わってホストに通いつめてました。

 

そんな状況が続いてしばらくしてキャバクラを辞めたんです。

私はその子の連絡先もSNSも知っていたので、

SNSでその子がホストに通って派手に遊んでいる姿の写真を見て

この子キャバクラ辞めたのにホストに行くお金どうしてるんだろう?

と気になってその子に

「元気?最近どうしてるの?」

と連絡してみたんですね。そうしたら

「稼がなきゃいけないから風俗で働いてる〜!」

こいつも風俗嬢に落ちたかw

普通に教えてくれるから

「キャバで十分生活できてたよね?どうしたの?」

って聞いたんです。その子は

「〇〇くん(その子の担当ホスト)高いボトル入れないと構ってくれないから…。」

どっぷりハマっていました。

 

DIAMOND online の

「風俗で稼いで2000万円散財、「ホスト狂い女」たちがハマる地獄のループ」

ホス狂い女性の中には、キャバからデリヘル、デリヘルからAV、さらに高級ソープなど、夜の世界でもより高額が稼げる仕事に転じていく例も多く、出勤日数も増えがち。もともとお金持ちの女性が浪費する場所としてホストクラブを選ぶというより、ホストにハマって高額のお金を稼ごうとする…というケースが多いかと思います

と書かれていたんですが、その子もまさにそのケース。

ブラックな世界に踏み入れてしまったなと思います。

 

 

キャバ嬢がホストにハマる理由って?

 

キャバクラで働いてる子がホストにハマる理由を調べてみました。

売れっ子ホストの業界ブログの

「ホスト、キャバクラ、風俗嬢の給料の違い。職種毎の内勤の仕事内容から給料の違い」

 

この記事に

  1. ストレス発散でワイワイ騒ぎたい!
  2. 類似業種なので仕事の苦労を理解してくれる!
  3. 本当の彼氏だと思ってお店に応援に行くキャバ嬢

がよくあるハマるパターンとありました。

類似業種なので仕事の苦労を理解してくれる!

辛い事があった時、イライラした事があった時、類似業種だから理解できる事があります。

せっかくなら自分好みのイケメンに話を聞いてもらいたい。と言うのもあって、愚痴を聞いてもらいにホストクラブに行くキャバ嬢はいます。

 

こういうことから段々と熱が入って抜け出せなくなってくんですね。

そしてハマってお金が必要になり風俗嬢に落ちていくんですね。

しかも聞いた話、ホストは平気で風俗嬢に落としいれるんです。

その方が稼いでくれて使ってくれるから。なんてブラック。

もう人として見てないw

 

そもそもホストってそんなお金かかるの?

 

気になったのでホストってどんな料金なのかも調べてみました。

現代ビジネスの

「ホストクラブで一晩1600万円使う」のはもったいないか否か論争

の記事にホストのボトルの料金が書かれていたんですが、

 

ホストクラブは例えば鏡月のボトルが約1万円だったり、ロジャーグラートとかいう見た目だけなぜかドンペリに似ているただのスパークリングワイン約10万円だったり、なぜか酒屋ではそれよりはちょっと高いはずの美味しいシャンパン(モエとかヴーヴとか)が5万円だったりと、一般社会から独立した謎な貨幣価値がまかり通っているところであるのは周知の事実だが、基本的な前提としては何でも高い。

淡麗の350ミリ缶は1000円だし、当然そんなものは若いお兄ちゃんたちの手にかかれば数分で無くなる。

確かにキャバクラ同様に高い!

でも、行っても高いのたのまなきゃいいじゃん!

そしたら風俗嬢に落ちるまでは行かなくない?

それにはホストのブラックなやり口がありました。

 

ホストのブラックな話

だたホストにいくだけではキャバクラから風俗嬢にまで落ち無いのでは?

ホストにハマるとどうなるかがこの記事にリアルな話が書かれています。

PREGIDENTonlinenの月100万単位の風俗の稼ぎをホストに貢いだ訳

 

1本10万円はするシャンパンを頼んだ数で優劣が決まる。だから、私はほかの女の子たちと競うように注文し、浴びるようにアルコールを摂取した。酔っ払うということは、多かれ少なかれ理性を放棄することだ。

しかも、ホストクラブは「お金を払えば、男性を独占できる場所」だ。ただでさえおかしくなりがちな性欲と恋愛感情が、お酒によってさらに加速する。

ホストに対しての執着心や独占欲が湧いてくることにより、『嫉妬』の感情が発露し、傍から見れば滑稽な行動を取り始める。

 

ホストに行ってハマる人ってホストに恋愛感情持ってしまって

そのホストの他の指名客に負けないように

自分も負けじと高級ボトルを入れる。

使ったら使っただけホストが構ってくれる。

なんなら本当に彼女だと思い込ませたり。

そうやってどんどんのめり込んで多額のお金を注ぎ込んでいくんです。

そして、お金が払えなかったらツケにできるんです。

酔って気がいいのでツケならと思って高額ボトルを頼み、

払えないから風俗嬢として働くようになる。

ブラックなやり口ですよね…。恐ろしい!

 

中には自殺に追い込まれる人も

ツケがどんどん積み重なって払っていけない!そんな人もいて

そして追い詰められて自殺するケースがあります。

そんなん本当にあるの?って思ってましたがあるんです!

 

私が歌舞伎町でたまたま飲んでたんです。

そしたら外がざわつき始めて、見に行ったら

ビルの屋上に女の子が立っていて、下にはホストがいました。

レスキュー隊が駆けつけて自殺に至らなかったのですが

話を聞いたらホストにハマった風俗嬢が

ツケが払いきれず自殺を計ろうとしたそうです。

 

livedoornewsのホスト狂いの現役女子大生が「毎月100万円超」を貢げるワケ

にブラックな話がエピソードやなぜ自殺まで追い込まれるかが書かれています。

自殺する女の子たちのツケは、おおよそ200万円、300万円という金額だという。ホストは職場や実家にまで回収に行くのでトラブルになり、追いつめられ、一部の女の子は飛び降り自殺してしまう。若い女の子がアスファルトに叩きつけられて命を落とすのは、あまりにも無残だが、ここではそんな悲劇が日常として起こっている。

 

怖い世界です。

私のキャバクラで一緒に働いた子もこうならないといいのですが。

 

落ちてく前に一度立ち止まって考え直してみて欲しいですね。