【風俗】大宮ソープ火災と実名報道

風俗嬢のための昼職転職サイト・昼ジョブ.com

昼ジョブ.comは元風俗嬢に理解がある、積極採用している企業のみを紹介♡
事務系昼職・営業系昼職・美容系昼職・システムエンジニア系昼職など選び放題です!

昼職を知り尽くした昼ジョブエージェントが履歴書作成や面接練習も全力サポート。
ぜひ登録して簡単に風俗嬢から昼職転職しちゃいましょう♡

キャバからの昼職転職なら昼ジョブ

【風俗】大宮ソープ火災と実名報道|風俗の怖い話


(*引用元:東スポウェブ様

12月17日、さいたま市大宮区のソープランド「Kawaii大宮」で火災が起きた。
爆発音とともに黒煙が立ち上った。
大宮といえば、風俗店が立ち並ぶ歓楽街。日曜日の午後2時、あたりは惨劇となった。

「煙が充満して逃げられない」と複数の119番通報があった。
この店が入る鉄骨造り3階建てのビルは築年数40年を超えていた。
ビルは1、2階に個室が各5室、3階に休憩室と待合室があり、各階をつなぐ階段が南北2カ所にある。
2階から上が激しく焼けていた。
消防車など延べ38台、約160人が出動して消火に当たり、
通報から約7時間後の午後9時5分ごろに鎮火した。

すすで顔が真っ黒になった人たちが次々と救急車で搬送されていった。
髪の毛が焦げてちりちりになった男性や、
毛布にくるまった男女が慌てて外に飛び出し、道路に座り込んでいたという。

出火元は 建物南側2階階段付近のゴミ置場 で、
ここにはタバコの吸殻も捨てられていたそう。
完全に消えていなかったタバコの吸殻からの出火という可能性が濃厚とのこと。

結局、避難困難で12人もの死傷者がでる事態となった。
7人の軽傷者、5人の死者
20代ぐらいの女性2人、40~50代とみられる男性など計5人が死亡。
女性1人が重体となったがその後病院に搬送され死亡が確認された。
そのほか男女7人も病院に搬送されたが軽症だった。いずれも客や風俗嬢とみられる。

ビルの建築当時の図面には、南側と北側に1~3階に通じる階段が2カ所あった。
だが、火災後の調査では南側の1、2階をつなぐ階段はなく、撤去されたとみられる。
客が使う北側の階段は人が擦れ違えないほど狭く急な階段で、
窓も少なかったこと、店舗入り口の扉は目張りされていたため
煙が充満して逃げ遅れに繋がった可能性がある。

さいたま市消防局によると、昨年6月に同店を立ち入り検査しており、
避難経路に荷物が置かれていたため、どかすよう指導していた。

このようなずさんな管理体制が招いた事故であった。

風俗嬢・客らの被害者の実名報道に非難の声

本当に怖いのはここから。
死亡した5人の住所、職業、年齢、そしてまさかの
実名まで報道され、ネット記事にも多く出回っていることだ。

キャバクラ・風俗で働いていて、
もし自分がこの火災の被害者であったなら、
絶対に実名報道はされたくないだろう。
そしてそれはお客様も一緒だ。

被害者に非があるわけでは全くないのに、
実名で報道する意味とは?
正直、この”ソープランドで火災があり、風俗嬢と客が亡くなる”
という特異性を報道側が面白がっているのでは?と思えてきてならない。

 

この実名報道にネットでも非難の声が寄せられる。

皆さんの働いている・通われているキャバクラや風俗店は安全ですか?大丈夫ですか?

火災や事故、または地震はいつ起こるかわからない。
だからこそ店側がこの火災があったビルのようなずさんな対応をしているかどうかで
キャバクラ嬢・風俗嬢などの従業員、お客様の身の安全が問われてしまいます。

他の店舗でもこの火災をきっかけに、
再度見直しや改善を徹底して欲しいですね。

また、実名報道に関しても、疑問が残ります。
亡くなられた方、遺族の方に追い討ちをかけるような行為。
許せませんね。

今回の火災で亡くなられた方々、
ご冥福をお祈りいたします。

また、嘘か誠かこんな記事も。
12月の「死者5名・大宮風俗店火災」に急展開! “ロリ顔・低身長・Fカップ”の謎の風俗嬢Xが捜査線に浮上

こちらではキャバクラ・風俗で働く女性の
昼職への就職・転職支援を行なっております。

このまま風俗のお仕事を続けますか?
昼職に就職してみませんか?